年少(もも・バナナ)  


「ながしそうめん」

夏の風物詩のひとつ「ながしそうめん」
麺だけでなく、こんなものが流れてきたら・・・。
流れてきたものによって、登場するものが
代わる楽しいお話。
流しそうめんをやってみたいと思う絵本です。


ささき みお/作・絵
 年中(りす)  


「じんくんとちいくん」

大きいじんくんとちいさいちいくん。
二匹はいつもいっしょ。でも些細なことでけんかになってしまいます。初めてけんかをし、初めて離れてみて、お互いの大切さに気付かされるお話です。


よしだ あつこ/作 ・ 藤本 ともひこ/絵
年長(いちょう)  


「なつこさんのすてきなにわ」

暑い夏。お昼寝をしていたら、草がボーボー生えてきた。草取りをしようと起きてみたけど、色々な虫たちの邪魔になっていることに気付き、草取りをやめてしまうと、草たちが大喜び。次に目を覚ましたときには、すてきなお庭に
変わっていました。


苅田 澄子/作 ・ 大野 八生/絵
 おすすめの絵本  



 
「きょうの おべんとう なんだろな」

野原に集まったお友達。
「あー おなかすいた」
お腹がすいたみんなが手に持っているのはお弁当♪
うさぎさんは、だいすきなにんじん。
くまさんは、はちみつパンにぶどうパン。
自慢のお弁当をみんなで見せ合いっこ。
最後のページには、美味しそうな
みんなのお弁当が並びます。
「きょうの おべんとう なんだろな」
思わず口ずさみたくなるお話です。

きしだ えりこ/作 ・ やまわき ゆりこ/絵





                                                         
 

ページのトップへ