ようこそ!つがる市立穂波小学校HPへ
青は青森県、赤はつがる市、黒は当校の位置だよ。
〒038-3165 青森県つがる市木造菊川喜久野43番地 TEL 0173-49-2100 FAX 0173-49-2110 
                 ↑をクリック。QRコードで連絡メールの登録・解除ができます。

1週間1年生2年生3年生4年生5年生6年生部活動学校行事いろいろPTA活動

   ほ な み ト ピ ッ ク ス  
平成28年6月27日更新中

まち探検・2年ー木造郵便局・つがる警察署ー(6月24日)


2年生が、まち探検の一環として木造郵便局とつがる警察署に行ってきました。普段目にすることのない機械がいっぱいあって、さぞや興味をそそられたことでしょう。私たちの生活を支えたり、安全を守ってくれたりする人たちの働きぶりを目にして、まちの人々のために仕事をしている一生懸命さにふれることができたと思います。貴重な時間をさいて、子ども達にお付き合いくださった郵便局と警察署の職員の皆様に感謝申し上げます。

姿勢矯正マシーン(6月21日)

頭にあやしげな装置(?)を取り付け、正しい姿勢で書く学習が1年生を対象に行われました。背中を丸めたり、机に突っ伏したり、片肘ついたり……知らず知らずのうちに崩れる姿勢。自分では気づかないものです。正しい姿勢は少しずつ体に覚え込ませて長い時間をかけて身についていきますので、学校でも! 家庭でも! の取り組みが必要です。さて、家庭学習では、写真のような正しい姿勢でしょうか。

穂波小リトルJUNPチーム(6月20日)

「青少年の健全育成と非行防止の輪を広げることを目的に結成されているリトルJUNPチームは、つがる警察署管内の小学校に作られています。(この日)穂波小学校児童会運営委員会のみなさんに、つがる警察署署長さんから委嘱状が交付されました。署長さんからは、まずはあいさつをしっかりとできるようになってくださいと励ましの言葉をもらいました。……」(学校だよりから)

県少年野球西五地区予選 準決勝(6月19日)




富萢対穂波戦 1回0−1と静かな試合の入りをして1点リードする好発進。2回は1点を奪われ追いつかれたものの2点を勝ち越しと俄然盛り上がりました。しかし、3回表、ムードは一転して逆転され、その後も一度ほころんだ結び目は元には戻らず、わがチームに追い上げる力はありませんでした。2アウトからの失点が大きく響きました。相手チームの右・左の本格派の高めのボール球に手を出して苦しんだ一方で、相手チームは勢いに乗ってその後は毎回得点。6回9−4で敗退した穂波チームは、本大会で力のあるところを証明しつつも、運には恵まれませんでした。県大会行きへの3回のうち、けがから復帰したメンバーがそろって出場できた最初で最後のチャンスでしたが思いは届きませんでした。保護者の皆様、たくさん応援してくださりありがとうございました。選手の皆さん、お疲れさまでした。
県少年野球西五地区予選(6月18日)  (穂波対森田 0-0,0-0,0-0,0-0,0-0,3-0,0-0,0-0-=3-0)
けがをしていた韋駄天くんが帰ってきました。この日、唯一の得点機を作ったのが韋駄天くんです。5回表、がっぷり四つにくんで試合が動かない展開の中、トップバッターで6番打者として登場し、自慢の脚を生かして内野安打で出塁し、すぐに2盗。7番バッターも内野安打で続き、ノーアウト2・3塁。1アウト後、スクイズでホームへの返球をかいくぐり生還しました。待望の1点です!(下写真)

バッターランナーが出塁したためなおも攻撃が続き1アウト2・3塁で1,大きく弾んだ3塁ゴロの間に2人の走者がホームインし合計3点。打ったバッターもベンチに戻ってくる際は喜びを全身で表していました。(下写真)

その後、走者は出しながらも2人のピッチャー継投で、4月の全国大会予選で敗れた森田チーム(その大会を優勝し県大会に出場)を7回完封。いつもながらの堅い守りで、予選初戦のたかが1勝ですが、応援に駆けつけてくださった中には感極まっている方もいる熱い試合でした。苦しい時期を乗り越えての1点の光。指導者・保護者の皆様がもどかしい思いをされてきただろうと思えば、管理人も胸につかえていたものが軽くなった気持ちになりました。明日は、対富萢戦です(準々決勝 12時 大高山)。富萢チームには、スポーツ少年団つがる市予選で敗退しています。現在のチーム状態は、77〜78%程度で、今日からがスタートです。けがからの復帰組が勘を取り戻せば1戦1戦チーム力はアップする状態になっています。自信を持ってファイト!!


PTAソフトバレーボール大会(6月17日)大接戦の末 3学年チームV22位2学年 3位5学年

(上左から3学年・2学年・5学年チーム。下は決勝戦から)



今大会は、申し込まれた人数以上の参加者があったような賑わいで、試合も各チームともにレベルアップして質量ともに充実していました。決勝戦は、デュース戦の末に3学年チームが勝利し、前年度2回大会に続いての優勝です。第2位は2学年チーム。決勝対決は前回大会と同じ顔合わせでしたが、力差を感じさせない試合から、次回大会で2学年を筆頭にほかの学年が巻き返すするのか注目です。予選リーグ戦・順位決戦のどの試合も白熱した戦いばかりで、(学年で集まって練習しているのかなあ?)と職員間で感心することしきりでした。PTA会員の交流と親睦が図ることができ、楽しい時間を作ってくださった保護者の皆様に感謝申し上げます。








ミニゲーム集会(6月16日)


業間の時間に縦割班対抗ゲームを行いました。フラフープを使ってのゲームでは人間同士が絡まっている班があり笑いに包まれていました。ドリブル競走では、ネコを追いかけるように走っているのは1年生だけではありません。外でのボール遊びをいっぱいして、ボールのはずみに対するリズム感を身につけられるのは小学校時代までかもしれませんよ。

研究授業4年(6月15日)



2つの直線の交わり方について学習しました。初めは「まっすぐ交わる」「斜めに交わる」と1つの直線に対してもう1つの直線がどう交わっているか捉えようとしていましたが、「直角に交わる」と言葉を換え、最後は直接交わっていなくても「2つの直線が垂直の関係にある」を全員理解できたようです。図形の学習はとても奥の深く、知れば知るほど「へえ」「なるほど」と興味がわいてきます。雰囲気が明るく、学習への前向きさを感じさせてくれた4年生でした。

つがる市教育委員会訪問(6月13日)


教育委員会の先生方をお迎えして各学級の授業を参観していただきました。今日の学習のねらいをしっかり持たせ、見通しを持って解決させたら、まとめをして学習を振り返らせることがつがる市の授業基本スタイルです。浸透してきたら、教師の働きかけがなくても、各自が考えて学習できるようになると思います。「今日、算数で勉強になったことはなに?」。食卓時に話題にしてみてはいかがでしょうか。

ランチルーム給食1・6年(6月13日〜17日)


学年が離れた組み合わせのためか、これまでの他の学年の場合と違っておしゃべりでにぎやかといった感はありませんでした。でも、6年生は、昼休みは1年生と遊ぼう! というめあてをかかげて、一緒に遊ぶ時間も持とうと努めています。共通の話題をもてないかもしれないけど、とても仲良しの1年生と6年生です(6年生は面倒見がよいというです)。

新体力テストーその2−(6月8日)

(左 スタート直後・中 10回目・右 15回目 1年生はペ−ス配分を考えずにいきなり全力疾走です。)

穂波小学校の体力テストでは毎年決まって「握力」に課題が見られます。その次に……あげると50m走です。体力が養われるのは普段の生活からですから、重い物を持つようなお手伝いをしていないのかなあと考えてしまいます。反対に優れているのが反復横跳び(敏捷性)と長座体前屈(柔軟性)です。改善傾向にあるのが立ち幅跳び(瞬発力)。学校では集団を捉えての課題改善に努めていますが、子ども一人ひとりの能力向上には家庭での働きかけが欠かせません。気になる種目が目につきましたら、家族そろって運動習慣づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。ところで、上の写真は1年生「シャトルラン」の様子です(20m間を電子音にあわせて往復する持久走です。平成11年度から行われるようになったようです)。そこで驚くべき場面を見ました。1年生の全国平均は18回程度なのに対し、ひょうひょうと行ったり来たりする子が1人、終わってみると記録48回!!! 調べてみると5年生の平均回数になり、(もしかしたら、未来のオリンピック選手かも!?)と、これからの成長を期待せずにはいられない管理人でした。

新体力テストーその1−(6月9日)



体育館で全校児童が体力テストに挑みました。この日行ったのは、反復横跳び(上)・長座体前屈(下左)・上体起こし(下中)・立ち幅跳び(下右)です。”新”体力テストと銘打ってありますから、一昔前に行われていた種目が新しく形を変えているものがあるということです。ここには載せていませんが、他に行うべき種目は、握力、50m走・ソフトボール投げです。結果から子ども達の生活が見えてくるので不思議です。

つがる市漢字ドリルー読み進級テストー(6月7日)

6月はつがる市漢字計算ドリルの計算・読み・書き進級テスト月間です。80点以上で合格! 不合格なら翌日に再テスト、それで不合格なら翌々日に再々テストです。追試になると1回か2回で合格していますので、いつ努力するかで時間の上手な使い方ができると思います。進級テストの前に家庭学習に力を入れ、一発合格して、遊び時間はみんなと一緒に遊んでほしいものです。

ス−パージュニア陸上浪岡大会&子ども絵画展表彰 「Le baseball j'adore ca!」magnifique(「大好き!!野球」すばらしい!)

6月4日(日)の陸上大会では4名が入賞を果たし、惜しくも6位入賞を逃したものの7位8位入線者が3名いました。どの子も自己記録をぐんぐん伸ばし、本人も納得の大会だっただろうと思います。そして驚くべきニュースが! 昨年度「こども絵画コンクール(テーマ〜だいすき!ありがとう!〜」に応募した作品が、全国展覧会(東京)を経てフランスへ渡り、ルーブル美術館展覧会で展示され、額に収められて戻ってきました。館長さんからの礼状とともに、このように展示されてたんですよのお知らせのための証拠写真が三葉同封されていました。(上左写真の中の絵が、上右端の金賞作品の中にあります〈オレンジ色の表示帯の下〉)実物を鑑賞ください。しばらくの間、校長室前に飾らせていただきます。

ランチルーム給食2・5年(6月6日〜10日)


2年生と5年生。少し学年が離れてはいますが、食事前、みんなの配膳が整うまでの時間の楽しそうな一こまです。2年生の当番さんは盛りつけが手際よくできるていて、しっかり成長していることを見せてくれました。順番を待っているときも静かでした。
歯の健康(6月3日)

保健室前に「ほなみの木」が登場しました。学級ごとに花を咲かせ(虫歯のない人)、毛虫(虫歯のある人)と羽化したチョウ(虫歯を治した人)を示しています。保健委員会は、給食後に1年生の学級へ足を運んで歯磨き指導を一ヶ月間も行ってくれました。保健だよりに『歯科検診のまとめ』として「1年生は、虫歯になっている歯は全部乳歯」で、「4年生では、乳歯より永久歯の本数が多くなり」「6年生ではほとんどの葉が永久歯にはえかわり、永久歯の虫歯もふえてきて」いることが書かれていました。虫歯を早く治して健康な歯を取り戻してほしいと思います。

生活目標(6月2日)

児童集会で、代表児童が毎月の生活目標に対する学級の取り組みを発表してくれました。そのあと、運営委員が今年度の新たな取り組みとして、生活目標への意識を高めるための掲示板の活用を紹介しました。学級ごとにりんごの木が貼られていて、目標が守られたら赤りんごにするのだそうです。5・6年生のみなさんは、自分を厳しく評価しているのか青りんごですが、次は真赤なりんごを飾ってください。ちなみに反省した4・5月の目標は「挨拶や返事をすること」「くん・さんをつけて友だちを呼ぶこと」でした。

花いっぱい運動(5月30〜31日)


3学年以上の皆さんが花壇に花苗を植えました。子ども達自身が花苗の植え替え作業をするのは昨年度からで、今年は下学年でも手際よく植えられるようになったと思いました。穂波小学校の花壇は校地の大きさに合わせて広大なので、世話をした分だけとても見栄えのするお花いっぱいの花壇になるはずです。お仕事ごくろうさまでした。写真は3年生(上)4年生(下)。

ランチルーム給食3・4年(5月30日〜6月3日)


今週から二学年が一緒に給食をいただくランチルーム給食が始まりました。3・4年生は年齢が近いので会話も弾むのか楽しい会食風景でした。給食時間が始まって、皿やお椀が空になっているので、「ごちそうさま?」と聞くと、「○分まではおかわりできないんだ」と返ってきました。おかわりするにもルールがあるんですね。食事のマナーやみんなで決めたルールを守るランチタイムでした。

1年生


2年生



3年生



4年生



5年生



6年生



部活動


学校行事

運動会 お待ちしております5月21日(土)
朝早くからテント設営や荷物の運搬作業、駐車場誘導整理に始まり、競技の運営に関わった用具の準備やPTA種目の進行、大会終了後のテントや用具片付け・シートふき・スリッパふき・トイレ掃除と、大勢の保護者及びPTA専門委員の皆様のご協力をいただきました。また、学年親子競技やPTA地区対抗競技等に参加して、大会の盛り上げに一役買ってくださりありがとうございました。温かい声援を子ども達におくってくださり感謝申し上げます。これからも穂波小学校の教育活動にご支援ご協力いただけますようお願い申し上げます。

8th topic 5・6年団体(綱引き) 6年家族障害(元気百倍!)


7th topic 1・2年団体(玉入れ) 1・2・3年表現(マイムマイム)


6th topic 4・5・6年表現(HONAMIソーラン)


5th topic 3・4年団体(大玉転がし) 1年家族障害(はしって とんで むすんで)


4th topic  紅白応援合戦

入場行進・開会宣言(1年)・選手宣誓

6年・4年・5年徒競走



1年・3年・2年徒競走



5年障害(リオデジャネイロ オリンピック選考会)・2年障害(○△□まる さんかく しかく)


1年家族障害(はしって とんで むすんで)・PTA地区対抗(走って履いてスリッパでドン!!)


2年・1年・3年・4年・5・6年女子・5・6年男子


3年障害(つり橋わたれ)・4年障害(じゃんけん オリンピック)


紅白対抗リレー女子・男子・優勝旗授与

いろいろ



PTA活動