南三陸町立志津川中学校 本文へジャンプ
学校長挨拶

校長 菊地 道雄

みなさん、こんにちは。本校は、2011年3月11日の東日本大震災において被災した南三陸町にある中学校です。大震災から4年が経過した今なお生徒の4割が仮設住宅等での生活を余儀なくされ、8割を超える生徒がスクールバスで通学しています。そのような状況の中、日本はもとより世界中の方々からのあたたかいご支援、ご声援を力に、生徒、職員、保護者が一丸となり学校生活を送っています。
町の復興は思うようには進みませんが、一歩ずつ確実に進んできています。まだまだ課題は多くありますが、中学生の若さとエネルギーが町の復興の大きな力になっていることを感じます。今年も、町と連携した活動を行っていきます。保護者の皆様方、地域の皆様方には、これまで以上にご協力、ご支援いただきますようお願いいたします。