ご挨拶

第17代校長 野口 智美

 睦沢中学校は、昭和42年4月1日、睦沢村立土睦中学校と睦沢村立瑞沢中学校の統合により、睦沢村立睦沢中学校として発足し、長い歴史を経て、本年度50周年を迎える運びとなりました。まずは、50年の歴史と実績を築かれた諸先輩のご努力とご功績に感謝いたします。
 そして、創立50周年の節目にあたり、51年目からの、これからの睦沢中学校の生徒を、どんな生徒に育てていきたいか、考えていくことが大切であると考え、その一つの取組として校訓を制定しました。生徒、教職員、家庭・地域の人々が価値観を共有し、全体が一致協力した取組をし、子どもたちの確かな学力や豊かな心が育成されることを願っています。

睦沢中学校校訓

英智 誠実 大志  

英智 意欲的に学び、すぐれた智恵(=英智)を身に付けてほしいという思いである。単なる知識ではなく、自ら学び自ら考えて身に付けた学力として、自らの生き方を見つけるために役立て、さらに地域や国際社会に貢献できる人であれと願う。
誠実 自分に対して、そして人に対して常に誠実であってほしいという思いである。気持ちのよい挨拶から始まり、真心を持って接する人であれと願う。
大志 「睦沢中生徒よ、大志を抱け!」という思いである。自分の将来についてしっかりと考え、夢や目標を持って一歩一歩着実に努力する人であれと願う。

 本年度の学校経営の中での第一の目標は、学力の向上です。そのためには、積極的な授業への取組と毎日主体的に家庭学習に取り組む学習習慣の確立が大切です。
 第二の目標は、優しい心、強い心といった豊かな心の育成です。気持ちのよい挨拶ができ、真心を持って人に接する優しさとともに、自分に対しては、志に向かって粘り強く努力していく強い心を兼ね備えてほしいと願います。
 家庭・地域のみなさまとの連携を深め、「すべては子どもたちのために」努力していく所存です。


学校だより