藤井寺市立道明寺中学校 いじめ防止基本方針

平成31年4月1日

1.いじめ防止等のための対策に関する基本方針

(1)基本方針

(2)いじめの定義

 「いじめ」の中には,犯罪行為として取り扱われるべきと認められ、早期に警察に相談することが重要なものや、生徒の生命、身体又は財産に重大な被害が生じるような、直ちに警察に通報することが必要なものが含まれる。
 これらについては、教育的な配慮かつ被害者の意向を十分踏まえた上で早期に警察に相談・通報の上、警察と連携した対応を取ることが必要である。

(3)いじめの禁止
  いじめは決して行なってはならない行為である。

2.本校における「いじめの防止」「早期発見」「いじめに対する措置」のポイント

  「本校の取り組み概要(別紙1)」「大阪府教委作成いじめ対応マニュアル」
  「5つのレベルに応じた 問題行動への対応チャート」参照
(1)取組姿勢について「いじめは絶対に許さない」

(2)いじめの防止
 @ 基本的考え方

  1. いじめの防止、早期発見に全ての教職員が取り組む。
    • いじめは「どの生徒にも起こりうる、どの生徒も被害者にも加害者にもなりうる」「いじめはいつ、どこでも起こりうる」「いじめを根絶することは難しい」という実態を踏まえ、生徒の尊厳が守られ、生徒をいじめに向かわせないための防止、早期発見に、全ての教職員が取り組む。
  2. 集団づくり、仲間づくりをすすめる。
    • 未然防止、早期発見の基本として、生徒、周囲の友人や教職員と信頼できる関係の中、安心かつ安全に学校生活を送ることができ、規律正しい態度で授業や行事に主体的に参加活躍できるような授業づくりや集団づくり、学校づくりを行っていく。
    • 生徒に集団の一員としての自覚や自信が育まれることにより、互いを認め合える人間関係・学校風土を生徒自らが作り出していくように取り組む。
    • 集団にはたくさんの個性や価値観が存在する。自分とは異なる価値観に対して攻撃するのではなく、認め合い、各々が安心してそれを表現出来るような集団を育てる。
  3. 予防、早期発見の取り組みの成果について、PDCAサイクルに基づく取組を継続する。
    • 取り組みが、着実に成果を上げているかどうかについて、日常的に生徒の行動の様子を把握したり、定期的なアンケート調査や生徒の欠席日数などで検証したりして、どのような改善を行うのか、新たにどのような取組を行うかを定期的に検討し、体系的、計画的にPDCAサイクルに基づく取組を継続していく。

 Aいじめの防止のための取り組み

  1. いじめについての共通理解を図る
    • いじめの態様や特質、原因、背景、具体的な指導上の留意点などについて、校内研修や職員会議で周知を図り、平素から教職員全員の共通理解を図っていく。
    • また、生徒に対しても、全校集会や学級活動(ホームルーム活動)などで校長や教職員が、日常的にいじめの問題について触れ、「いじめは人間として絶対に許されない」という雰囲気を学校全体に醸成していく。
  2. 生徒がいじめに向かわない態度、能力の育成
    • 学校の教育活動全体を通じた道徳教育や人権教育の充実、読書活動、体験活動などの推進により、生徒の社会性を育むとともに、幅広い社会体験、生活体験の機会を設け、他人の気持ちを共感的に理解できる豊かな情操を培い、自分の存在と他人の存在を等しく認め、お互いの人格を尊重する態度を養う。
    • また、自他の意見の相違があっても、互いを認め合いながら建設的に調整し解決していける力や、自分の言動が相手や周りにどのような影響を与えるかを判断して行動できる力など、生徒が円滑に他者とコミュニケーションを図る能力を育てる。
    • 規範意識を高めるために、「きまりを守ること」「節度ある生活をすること」「礼儀正しく人と接すること」等について、生徒の心身の成長に即した指導を行い、生徒が集団生活や社会生活において、主体的に正しく判断し、行動できる力を育てる。
  3. いじめが生まれる背景と指導上の注意
    • いじめ加害の背景には、勉強や人間関係等のストレスが関わっていることを踏まえ、授業についていけない焦りや劣等感などが過度なストレスとならないよう、一人一人を大切にした分かりやすい授業づくりを進めていく。学級や学年、部活動等の人間関係を把握して一人一人が活躍できる集団づくりを進めていく。
    • 悪意のない行動が思いがけずトラブル、いじめにつながることは少なくない。加害者に「いじめている」という自覚がないことも多々あるため、十分に注意して見立てる必要がある。
    • なお、教職員の不適切な認識や言動が、生徒を傷つけたり、他の生徒によるいじめを助長したりすることのないよう、指導の在り方には細心の注意を払う。教職員による「いじめられる側にも問題がある」という認識や発言は、いじめている生徒や、周りで見ていたり、はやし立てたりしている生徒を容認するものになり、いじめられている生徒を孤立させ、いじめを深刻化させることを理解し指導していく。
    • 生徒にはそれぞれ特性があり、それに起因するいじめを防止するためにも、生徒への正確な知識の伝達と適切な理解の促進が必要である。また、生徒に限らず教職員がそれら特性を十分に理解することも重要である。ここで言う特性とは、発達障がいなどの障がいのある生徒、外国文化にルーツを持つ生徒、性同一性障がいなど性自認に係る生徒などであり、家庭との連携、組織的な対応を行う。
    • 震災等における被災生徒の心身負担、慣れない環境への不安を教職員が十分に汲み取り、そういった環境に起因するいじめの未然防止に取り組む。
  4. 生徒に自己有用感や自己肯定感を育む
    • ねたみや嫉妬などいじめにつながりやすい感情を減らすために、全ての生徒が、認められている、満たされているという思いを抱くことができるよう、学校の教育活動全体を通じ、生徒が活躍でき、他者の役に立っていると感じ取ることのできる機会を全ての生徒に提供し、生徒の自己有用感が高められるよう努める。
    • その際、当該学校の教職員はもとより、家庭や地域の人々などにも協力を求めていくことで、幅広い大人から認められているという思いが得られるよう工夫する。
    • 自己肯定感を高められるよう、困難な状況を乗り越えるような体験の機会などを設ける。
    • 社会性や自己有用感・自己肯定感などは、発達段階に応じて身に付いていくという考えのもと、異学校種や同学校種間で適切に連携して取り組むようにする。
    • 期的で幅広く、多様な視点で生徒を見守ることができるだけでなく、生徒自らも長い見通しの中で自己の成長発達を感じ取り、自らを高めることができるようにする。
  5. 生徒自らがいじめについて学び、取り組む
    • 生徒自らがいじめの問題について学び、そうした問題を生徒自身が主体的に考え、生徒自身がいじめについて考えるような取り組みを推進する。
    • 教職員は、全ての生徒がその意義を理解し、主体的に参加できる活動作りに努める。また教職員は生徒を支え、自主性や主体性がよりよい方向に向かうように指導する。

(3)早期発見
 @基本的考え方(子どものささいな変化を見逃さない取り組みの継続)

 Aいじめの防止や対策のための組織
「いじめ対策委員会」を設置。いじめ等防止、対応に係る会議を開催し定期的に取り組みをすすめる。

具体な内容は以下のとおりとする。

  1. 構成員
    校長、教頭、首席、児童生徒支援加配、生徒指導部長、学年主任、学年生徒指導、養護教諭、スクールカウンセラー(ケースに応じ、スクールソーシャルワーカー、関係教職員)等
  2. 活動内容
    • いじめの防止に関すること
    • いじめの早期発見に関すること
    • いじめ事案への対応に関すること

B いじめの早期発見のための措置(アンケート、教育相談等の実施)

  1. いじめの定期的調査
    • 生徒対象アンケート調査・・・・・・年5回(5月、7月、10月、12月、1月)
    • 保護者対象カウンセリング・・・・・・・年2回(学期末の期末懇談時等7月、12月)
    • 生徒対象カウンセリング(個人相談週間)・・・・・・年3回(6月、11月、2月)
  2. いじめ相談体制
    • いじめ相談窓口の設置
    • いじめ等悩み相談箱の設置
    • スクールカウンセラーの活用

 ※留意点

(4)いじめに対する措置
 @ 基本的な考え方(早期対応、早期解決、組織的対応)

 A いじめの発見・通報を受けたときの対応(早期対応、組織的対応)

 B 重大事態への対処

 C いじめられた生徒又はその保護者への支援について

 ※留意点

 D いじめた生徒への指導又はその保護者への助言について

 E いじめが起きた集団への働きかけ

 F ネット上のいじめへの対応について(情報モラルの育成)

(5)その他の留意事項
 @ 組織的な指導体制

 A 校内研修の充実

 B 学校評価と教員評価

 C 地域や家庭との連携について